小荷物専用昇降機制御機器

小荷物専用昇降機をインバータ制御化すると、これまでの悩みを一挙に解決します。

従来型の交流一段速度制御は・・・

起動時には一挙に最大速度でモーターが回り始めるため、最大電流が流れ、荷物、ワイヤーロープ、巻き上げ機などに大きな衝撃が発生していました。一方、停止時にも最大速度で昇降中のカゴを一挙に停止させる訳ですから、衝撃はもとより、ワイヤーロープスリップによる着床レベルの不具合やワイヤーロープとシープの摩耗など、さまざまな問題が発生していました。

インバータ制御(交流周波数制御)は・・・

起動時に低速でモーターが回り始め、徐々に加速するため、無理なく、スムーズな昇降運転が可能になりました。停止時にも最大速度より徐々に減速して停止させるので、ワイヤーロープのスリップも起こりません。

マイコン制御でオプション対応が容易になります。

インバータ制御の8大解決ポイント

各種制御機の写真

小荷物専用昇降機制御機器(インバータ制御)SE

制御盤仕様
形式 SE(2停止〜4停止〜8停止〜12停止)
電源 3相 AC200V/220V 50/60Hz
電動機 0.4KW〜2.2KW
ブレーキ電源 DC200V
信号及操作回路 DC-24V
制御盤 420(巾)X320(高さ)X170(奥行)

内蔵機能
到着ブザー、扉開放ブザー、空転防止、カゴ位置表示灯、使用中灯

このページのトップへ